一ノ台湾茶ブランド

一から始めました

台湾に来てすぐのころは台湾茶について全くと言っていいほど知識がありませんでした。鉄観音や東方美人のような名前しか知らない状態で、茶ノ助の台湾茶に出会いました。

台湾中部は台湾茶の本場

製茶工場見学

もともと台湾茶を始めたくて台中市に住み始めたわけではないのですが、梨山や翠峰、魚池のような名だたる産地が台湾中部に集中していることを知り、大げさかもしれませんが運命を感じました。

茶ノ助は自ら茶園や製茶工場、包装を管理するために台中市を拠点にしています。台湾茶の種類や歴史、淹れ方など多くの知識や経験を身に着けることができました。

茶ノ助での経験を生かして

「一之台湾茶」は、台湾茶を飲んだことがない方や飲み慣れていない方でも、美味しく味わっていただける台湾茶をセレクトしています。安心・安全は茶ノ助基準でありながら、毎日気軽に味わえる台湾茶のブランドとして新たに立ち上げました。

観光で台湾にいらっしゃった方はなかなか口にすることができない台中ならではのお茶を、ぜひお試しください。

※写真や文章は取材した当時のものになりますので、実際の商品は多少違う事があります。